09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-10-29 (Wed)
ずーっと前に薦められていた本なんですけど
なかなか古本で見つからなくて。

先週見つけたので即買ぃ!

これと合わせてもぅ一冊買いました。
目的がもぅ一冊の方だったので、これは後回し。
月曜から読み始めて、ようやく今日終わりました。 * * * まず最初のページで、読みにくい!
って思いました。
単語の表記とか句読点の使い方なんですけどね。
今まで読んだ著者でないパターンだったので。

結局、この著者の文体に慣れるのに
40ページほど費やしちゃいました。
時間にして30分ほどかしら。

でも、慣れてしまえばこっちのもの!
あとはすらすら~っと絵本のように?


読み終わったあと・・・
なーんか釈然としない・・・

なんだろう。


ストーリーが出来すぎているせい・・?

人間関係にもーちょっと焦点が当たっているとよかったなぁ
と思った。
中盤に結構名前出てきた人があっさり死んでしまって(ネタバレ?)
しかも理由が・・寂しい・・。

あとはまぁまぁ面白かった。
オススメ度は、★★★☆☆ ってとこかしら。
私がスキな他の★4つや5つのには敵わないってことで、コレくらい。


この本を見たときに最初に気になる
「すべてがFになる」というタイトル。

このFが何の略なのか考えていたけど、あれのことだとは思わなかった。

っていうかわかんないよね!!
| 映画と本 | COM(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。